山善タイランド

工作機械、計測機器など
工場設備のご要望は山善タイランドへ!

 

1985年に産声を上げたタッピングセンターは自動車・二輪車、電気関係など、幅広い業界の部品加工において生産性を画期的に向上させる貢献をしてきた。 独自の高速化技術を積み重ね進化し、2013年には「高生産性の飽くなき追及」を実現した新しいステージのブランド「SPEEDIO」シリーズを発表。 BT30コンパクトマシニングセンタのカテゴリーにおいて他社とは一線を画した製品となっている。

技術面でのサポートを行うのがバンコクテクニカルセンターであり、ASEAN 6カ国のお客様と代理店へのサポートをしている。 日本人5名、タイ人6名と少人数ではあるものの日本人の割合が高いのは、同社ではASEANを「成長のための重要地域」と位置付けており、特にタイ市場は日系の自動車や二輪車部品メーカー等の量産工場が多く、「圧倒的な高生産性」を求める顧客層が多い最重要市場であるからである。

昨年より積極的に新製品の投入も続けている。お客様の競争力向上を後押しするための製品に特化しており、中でも注目は簡易立ち上げローディングシステムの「BV7-870」、「更に上位機種の加工能力に迫りたい」そんな思いを形にした高剛性モデル「F600X1」。好評を得ている複合加工機もバリエーションを増加し、M300X3として加工エリアを拡張したモデルを発表。これらの新製品は11月に行われるMETALEX2019 YAMAZENブースにて披露される。(M300X3の展示は未定)

 

詳細はSAMURAI ASIAにてご覧ください。